子供英語教室の口コミレビュー

【効果】レプトン英語の口コミ評判は?料金や講師も徹底レビュー

投稿日:

黒と黄のスタイリッシュなゾウさんがイメージキャラクターの「Lepton(レプトン)」。

2018年7月5日から「ゾウさんとレプトンの仲間たち」というタイトルのLINEスタンプが販売されているので、ダウンロードした人もいるかも知れませんね。

レプトンは、株式会社FREEMIND EVANカンパニーが全国1,100拠点でフランチャイズ展開する個別指導型の子ども英語教室。

テキストはTOEIC®やTOEFL®に対応できるような構成で、小学生の段階から、TOEIC®やTOEFL®での高得点を目指します。

このように、英会話をみんなで楽しく学ぶというよりも、「勉強」に重点を置いた英語学習塾のようなイメージのレプトンですが、その実態は、どのようなものでしょうか。

早速、調査してみました!!

口コミ・評判

https://twitter.com/shiitakap/status/1023855525480415232

https://twitter.com/kashiwa_cicol/status/1024932193754218497

総評 85/100点

レプトンには、大きく分けて、以下の4つの特長があります。

  1. 4技能をバランスよく習得できる
  2. 自分のペースで頑張れる
  3. どのレベルからでも始められる
  4. 世界標準テストJETで達成度がわかる

レプトンのレッスンは、個別・自立型学習。

自分に合ったレベルを自分のペースで好きなだけ進めることができるという点は、最も効率的な学習方法です。

クラスの友だちと一緒に同じ単元を学ぶという子ども向け英会話スクールとは、また違ったスタイルですね。

▼レプトンを分かりやすくまとめた動画です。

さらに、TOEIC®に直結したJET(Junior English Test:小中学生向けのコミュニケーション英語能力テスト)」では、現在の子どもの達成度評価を正確に知ることができます。

 

対象年齢 19/20点

対象は、幼児から高校生以上。

もちろん、大学生や大学院生も受講することができます。

また、レプトンは個別指導型の英語教室なので、学齢ごとのコースというものが存在しません。

それぞれの子どものレベルに合わせた進度を選ぶことができ、チューターが一人ひとりの理解度を正しく把握していきます。

 

授業内容 18/20点

英語は、体全体で基本を覚えていくことで、一生使える技能になっていく「技能教育」。

本当に使える英語を身につけるためには、スラスラ言えるまで何度も口に出したり、正確につづれるまでくり返し書くなど、自分で何度も反復練習することが最も重要です。

レプトンの個別指導型では、そうした自立学習の環境がしっかりと整えられています。

また、レプトンでは、「聞く」「話す」「読む」「書く」を総合的に学習。

レッスンの流れは、以下のようになります。

  1. 「聞く」 ネイティブの音声を聞き、書き取る練習をする。
  2. 「話す」 声に出して何度も発音練習を行い、先生に発音をチェックしてもらう。
  3. 「読む」 会話文や物語文を読み、内容に関する英語の質問に英語で答える練習をする。
  4. 「書く」 テキストの単語や文を書き写したり、語句を並び替える。文法も学習する。

▼リッスン&リピート(会話文)を行う生徒の様子

小5のともゆき君、なかなか良い発音をしていますね♪

こうしたレプトンの総合学習は、TOEIC®やTOEFL®の対策にも大変有効だと言われており、小学生でTOEIC®600点を超える子も出てくるそうですよ!

 

講師 12/20点

レプトンの講師は、信頼のできるプロフェッショナル。

レプトンでネイティブ講師になるには、以下の4つの条件が最低限必要となります。

  • 英語教育に熱意をもっていること
  • 教師の経験があること
  • 日本語がしっかり話せること
  • 日本の文化・生活に理解があること

このように、魅力的なネイティブ講師も在籍してはいますが、多くは日本人講師。

その日本人講師の応募資格をのぞいてみると…

  • とにかく、明るく楽しく子どもと接することができる方
  • 服装・髪型自由:清潔感があればOK!

という内容でした。

必須条件ではないのですが、「小学生への英語指導経験や留学経験のある方」「TOEIC600点以上・TOEFL等の英語資格をお持ちの方」「人や子どもと触れ合うのが好きな方」は優遇されるようです。

他の英語スクールと比較しても、講師になる条件は、かなり敷居が低い様子。

指導経験や学がさほどなくても応募できる公文の先生と同じような印象を受けます。

また、日経ビジネスに気になる記事を見つけました。

特に、「ネイティブ講師信仰の盲点」という見出しに書かれている北田社長の考え方が少々気になりますね。

 

料金 16/20点

レプトンの料金は、教室によって異なります。

一例として、成基学園近江八幡教室の料金表をあげてみますね。

決して高くはないのですが、口コミにもあるように、「イヤホンで聞くだけの自主学習の割には高い」のかも知れません。

この月謝以外に、登録料や教材費(1冊2,000円程度)が加わります。

担当講師やクラスがない分、成基学園近江八幡教室のように、振替をしてくれる教室が多いのはいいことですね!

 

教室数 20/20点

レプトンの教室は、全国におよそ1,200教室。

北海道から沖縄まで、教室は全国的に広がりを見せています。

レプトンは、学習塾・英語スクール・私立の学校での導入が進んでおり、フランチャイズ展開も好調です。

導入しやすいシステムの影響で、今後もますます教室数は増えていきそうな予感がします。

 

まとめ

以上、個別指導型子ども英語教室「レプトン」について紹介しました。

冒頭でも触れたように、レプトンは、やはり英会話スクールというよりも英語の学習塾というイメージですね。

講師が生徒と一人ひとりに付きっきりというわけではないので、自分でカリキュラムを進めていける自主性や集中力がある子には、とてもおすすめです。

しかし、自主性が求められるシステムがゆえに、まだまだ集中力も足りない幼児や小学校低学年の子どもには、少々難しい感じもしますね。

また、教室の場所や施設については高評価が多いのですが、システムや教材については賛否両論が多く見られます。

どのようなクチコミがあっても、まずは自分の目で確かめてみることが一番大事!

気になる方は、無料体験レッスン資料請求をしてみてもいいかも知れませんね♪

≫TOPページで子供英語教室ランキングを紹介しています。

-子供英語教室の口コミレビュー

Copyright© 子供英語教室おすすめランキング【主要15社を比較レビュー】 , 2018 All Rights Reserved.