みんなの子ども英語教室体験談

子供英語って意味ある?ママ友の口コミから感じたこと

私には男子の子供が2人います。
幼稚園位の年齢(4歳〜6歳位)になると親としては子供に習い事をさせたい時期でもあり、子供も幼稚園で友達の習い事の話を聞き、自分もやってみたいなと思う時期でもあります。

ある日、長男と同い年の友達のママ(私の仲良しのママ友)が英会話スクールを開くというので、体験をさせてもらいました。
ママ友の先生は、イギリスに留学の経験があり、教材はベネッセを使うというので、なかなかいいのでは?と思い、ママ友の英会話スクールに幼稚園の年中の時に入る事にしました。

授業の終りには「今日はこんな事をやって、誰々は元気に答えたり、長男君は英語のゲームではいち早く答えてました」と授業の様子を教えてくれて、とてもわかりやすい授業をしてくれました。
子供も楽しく通っていました。

中学生クラスは無かったので、小学校6年生までその英会話スクールに通っていました。
おかげで英検3級、中学ではオーストラリアにホームステイに行き、現地の方の英語のみの会話もペラペラと喋れるようになりました。
が・・・英会話スクールにもデメリットがあったのです。
受験英語がさっぱりできないのです。

中学の英語のテストがなんかイマイチ。
私的には、受験英語なんてできなくても、外国の方との英会話ができれば社会で役に立つと思っています。
実際に息子が街で外国の方に道を聞かれ、英語で答えた話を聞きました。

でも残念な事に、受験英語ができないと受験で希望の学校に入れません。
おかしいですね!
外国人と会話ができても、テストの点数は低くなってしまうんです。
ほんとーーっに、おかしいです。

そして高校になんとか受かった息子。
英語の点数は散々でした。
しかし英会話スクールにも色々なスクールがあります。
ママ友がやっていた英会話スクールは、おもに会話、リスニング、フォニックスをやっていました。
月謝も安くて、月¥5000。

でも駅前にもう一つ、某有名な英会話スクールECCジュニアがあります。
ここは別のママ友の子供が通っていたので、話の話題に色々聞いてみました。
月謝は高いらしいです。
先生はネイティブな日本語が話せない、外国人の先生です。
受験英語も教えてくれるらしく、息子はその子と、同じクラスで仲良しだったので、その子の英語の点数など教えてもらい、「えーーー!そんなにいい点数なのっ!」と親子共々びっくりしてしてしまいました。

結論的にいうと、個人英会話スクール、有名英会話スクールでも、外国人と会話は出来るようになります。ノバキッズペッピーキッズも子供英語としては有名ですね。

ただ長い目で見て、良い高校大学をめざしているのであれば、高いお金を出して、有名ネイティブ先生がいて、受験英語も教えてくれる、英会話スクールに通うのも一つの手だと思います。
筆者自身が英語が苦手なので、英会話スクールに行けば受験の時に楽だったかな?と思います。
しかし、子供個人の意思もあるのでなんとも言えない部分もあります。

本人のやる気が無かったら、有名英会話スクールでも、ダメなものはダメでしょう。
英会話スクールの体験を子供が行けば、たいがいが「やりたい!」と言うと思います。
お金に余裕があれば、行かせてもいいと思います。

ただ、英語が一言も話せなくても、英語圏の国に留学したりステイしたり、はたまた親の仕事の転勤で移住したりすれば、ベラベラネイティブな英語が話せるようになります。

実際、私の友達に帰国子女の人がいて、ベラベラと英語を喋っていました。
英語の映画は字幕も観ずに見ていました。
でもその友達も「高校の英語のテストは全然できなかったよ」と、言っていました。
という私の経験からすると、将来のために英会話スクールに子供を入れたとしても、親の期待通りになるかどうかはわからない、と言う事です。

それでも子供が楽しんでスクールに通っているのなら、それはそれでいいと思います。
子供が楽しければ、英語も出来るようになります。
ハロウィンで「トリック オア トリート」じゃなく「トゥイッカートゥイ」と、正しい発音で言えると親もドヤ顔ができますよ。

-みんなの子ども英語教室体験談

Copyright© 子供英語教室ランキング【全21社を徹底比較したブログ】 , 2021 All Rights Reserved.