子供英語教室の口コミレビュー

ECCジュニアの口コミ評判は?大手だけど授業や講師の質はバラバラ?

投稿日:

英語教育が小学校にも本格的に取り入れられ、今後ますますグローバルなコミュニケーション能力が必要とされる現代では、英語の早期教育もより一層推奨されるようになりました。

35年以上に渡り、日本の子どもたちへ時代に沿った最適な英語教育を提供してきたECCジュニア。

今となっては、日本国内に住んでいる人のほとんどがその名前を聞いたことがあるほど有名な大手英話スクールですね。

しかし、受講生の数も半端なく多いので、その評価はさまざまです。

それでは、ECCジュニアについて、それぞれの側面から詳しく見ていきましょう。

口コミ・評判

https://twitter.com/o_radi_775/status/1031470479746293761

総評 93/100点

2018年8月現在放映中のECCジュニアの新CM では、「明日のあなたが輝く」をコンセプトに、いま女性に大人気の大谷亮平さんが「働く女性の未来へのトビラ」を開きます。

大谷さん、渋くてカッコいいですね~♡

このように、爽やかで明るいCMや分かりやすい広告で、ファンを着実に増やしてきたECCジュニア。

ECCは、1962年の創業以来、英語をはじめ、フランス語・中国語・韓国語・ドイツ語・スペイン語などの実践的な外国語教育を続けています。

生涯を通じて、学ぶ意欲に応えたいということで、幼児から社会人まで一貫した教育プログラムで英語教育を実施。

近年では、外国語に限らず、国語・算数・理科・社会に対応したコースも開講。総合的に生徒の学習をサポートする体制が整っているのも大きな特徴です。

今回は、ECCジュニアの英語コースについて見ていきますね。

 

対象年齢 20/20点

ECCの対象は、2歳からの幼児・小学生・中学生・高校生・シニア。

とりわけ、ECCジュニアでは、幼児・小学生・中学生が英語や英会話を受講することができます。

コースは、「2・3歳児コース」「4・5歳児コース」「小学1~3年生コース」「小学4~6年生コース」「中学生コース」「中学英語強化コース」などと細かく年齢別に分かれているのも、安心ですね。

 

授業内容 18/20点

ECCジュニアでは、人生で最も多くのことを吸収し、劇的成長を遂げる幼少期の小さなお子さまの英語教育に特に力を入れているようです。

舌や口の動きが滑らかな幼少期は、音に対する感度も良く、耳にした音を上手に再現することができたり、一生のうちで最も語彙数が増加する時期。

集中力に関しては、持続時間は短いものの、興味を引くものには驚異的な力を発揮するという幼児の特徴を捉え、子どもたちの好奇心を引き出し、集中力を途切れさせない授業展開に多くの工夫を凝らしているようです。

パズルやカードを使ったゲームを通した知育遊び、幼児の特性でもある「模倣力」を生かした歌やゲームなどの楽しい言語活動などが豊富。

小学生は、アクティビティに加え、テキストを使った理解定着を図ります。さらに、口頭練習やスピーチ練習などで、より高度な英語習得を目指していきます。

中学生になると、文部科学省で決められた項目に加え、ECC独自の大量トレーニングを開始。

語学教育で最も大事なことは、「聞く・話す・読む・書く」のバランスそのバランスがとれたECCのオリジナル教材やカリキュラムに信頼を寄せているご家庭は多いようです。

「イード・アワード2017 子ども英語教室」で、幼児の部・小学生の部ともに顧客満足度No.1を受賞したというのも、注目したいポイントですね!

 

講師 15/20点

全国で活躍するホームティーチャーには、「英語が好き」「子どもが好き」という熱意のある方が選ばれています。

中学生レベルの基礎英語力をお持ちの方であれば、教授経験や特別な資格などは必要ないので、子育てが一段落した主婦の方にも多く業務委託しているようです。

ホームティーチャーになるための説明会では、実際の教材やマニュアルを見ることができますし、指導マニュアルも完備されているので、安心して業務を始められるようになっている点はいいですね。

公式HPなどでは、ECCジュニアの講師を「熱意あふれるバイリンガル先生」として紹介していますが、実際には以下のような口コミも見られました。

  • ネイティブかネイティブ並みの語学力のある講師を期待していたが、実際に担当になった講師は、アメリカに短期留学しただけの人だった。
  • 英語が苦手な人でも変だと感じる発音。何度も滞る読み聞かせは、いかにも日本人が発音している感じで、非常に残念…。

ネイティブのような流暢な発音や圧倒的な語学力を講師に求めているご家庭には、ECCジュニアの英語は、少し物足りないかも知れませんね。

こればかりは、教室やホームティーチャーの能力差や当たり外れも大きいもの。気になる教室には、問い合わせや見学、面談をお願いしてみるといいですよ。

 

料金 20/20点

幼児コースは週1回40分で月謝6,480円、小学生コースは週1回60分で月謝6,480円、中学生コースは週1回90分で月謝8,640円。

さらに、それぞれのコースに、入学金5,400円と教材費がかかってきます。「ECC全国児童・中学生英語検定試験」受験料も、「4・5歳児コース」からは入学時に納入しなければなりません。

入学金・教材費・検定受験料などはかかってくるものの、全体としては、とても割安なイメージ。

ご兄弟やご家族でご入学される場合、2人目からは入学金5,400円が無料になるのも嬉しいシステムです。

コースによっては、教材や教具の共有やお下がりが可能なケースもあるので、お金の節約のためにも、ぜひ気軽に問い合わせてみて下さいね♪

 

教室数 20/20点

2018年8月現在、ECCジュニアは全国に11,498教室、教室で学ぶ生徒は32万名以上にものぼっています。

ほとんどの人が知っているだけあり、教室と生徒の数は、ダントツ!!

しかし、これは学習教室でお馴染みの公文などと同様に、常に募集しているホームティーチャーとなる方のご自宅やその方が教室運営のために借りる会場などがあるから実現できることでもあります。

「自宅で開業したい」「余っている部屋を有効に使いたい」「子育てと両立できるやりがいのある仕事をしたい」という女性は年々増えていますので、ホームティーチャーとともに、教室数が増えていくのも、ある意味納得できますね。

 

まとめ

以上、ECCジュニアについて少し詳しく調べてみました。

みなさんの想像通りでしたか。それとも、期待以上でしたか。期待外れでしたか。

子どもの英語教室としては、大手の中でも特に知名度の高いECCジュニア。大手がゆえの安心感やカリキュラムの安定感は抜群です。

しかし、業務委託という形式もとっていることから、講師のやる気や力量の差は、確実にあります。

教室の講師と子どもの相性もあるので、成績(語学力)が伸びる子と伸びない子、通学を楽しめる子楽しめない子がいるのは、ある意味当たり前かもしれませんね。

まずは、資料請求と無料体験レッスン予約をして実際の教室の雰囲気やレッスンを体感してみて下さい♪

≫TOPページで子供英語教室ランキングを紹介しています。

-子供英語教室の口コミレビュー

Copyright© 子供英語教室おすすめランキング【主要15社を比較レビュー】 , 2018 All Rights Reserved.